WORKS

制作実績

媒体広告デザイン
MEDIA

媒体広告デザイン

広告は大きくマス媒体・SP媒体・インターネット媒体の3つに分けることができます。
マス媒体とは、TV・ラジオ・新聞・雑誌などに載せる広告のことを指し、マス4媒体とも呼ばれています。マス媒体はどの媒体広告もリーチ(発信した情報が対象者に届くこと)する人数が圧倒的に多く、ATL(Above the line/情報の上流)と言われています。
また、マス媒体に対してSP広告はBTL(Below the Line/情報の下流)と言われています。SPとはセールスプロモーションのことで、直接的に購買に結び付けるために行う広告を指します。具体的には交通広告(駅・電車などの広告)・チラシ・DM・看板・イベント・キャンペーンなどがあります。パソコン・ケータイの普及により、最近注目されているのがインターネット媒体です。利用者が増加したことにより、現在インターネット媒体は、TVCMに次ぐシェアを獲得する存在となっています。インターネットによる広告はATL・BTLどちらの特徴も持っていて、これからの広告には欠かすことのできないものとなっています。目的にあった媒体で効果をだしていくためには、内容の理解も必要になります。

  • 申し訳ございません、媒体広告デザインの制作実績はただいま準備中です。
RECENT WORKS

最新制作事例

PAGE TOP